職員研修(法令遵守・倫理)

Posted on Posted in インフォメーション

毎月開催されている職員研修には、同じ社会福祉分野で働く、視覚障がい者支援に関わる日本盲導犬協会・島根あさひ訓練センターの横田剛センター長さん、中村さん、盲導PR犬のロッシーに来園して頂き、講演と、盲導犬の働きなど実際に見て感じることが出来ました。

きちんと曲がり角を教えてくれますし、前に壁があると身を挺した感じで止まりますし、歩行困難な幅の道があると回避してくれます。昇りの階段では前足を乗せて止まり、下りでは階段の手前で止まるそうです。

お仕事中に盲導犬に触ったり、話しかけたり餌を与えると、遊んでもらえると思ってお仕事を止めてしまいます。できるだけお仕事中のハーネスをつけた盲導犬には触らず、白杖を持った方や、盲導犬を連れている視覚障がいの方のお手伝いをして欲しいとのことです。「何かお手伝いしましょうか?」「信号は赤ですよ。」など声掛けだけでも違うそうです。

介護とは違う観点だからわかることや、感じること、考えさせられること、また共感できることやチャレンジできることも多く見つけられたのではないでしょうか。