職員研修(法令遵守・倫理)

Posted on Leave a commentPosted in インフォメーション

毎月開催されている職員研修には、同じ社会福祉分野で働く、視覚障がい者支援に関わる日本盲導犬協会・島根あさひ訓練センターの横田剛センター長さん、中村さん、盲導PR犬のロッシーに来園して頂き、講演と、盲導犬の働きなど実際に見て感じることが出来ました。

きちんと曲がり角を教えてくれますし、前に壁があると身を挺した感じで止まりますし、歩行困難な幅の道があると回避してくれます。昇りの階段では前足を乗せて止まり、下りでは階段の手前で止まるそうです。

お仕事中に盲導犬に触ったり、話しかけたり餌を与えると、遊んでもらえると思ってお仕事を止めてしまいます。できるだけお仕事中のハーネスをつけた盲導犬には触らず、白杖を持った方や、盲導犬を連れている視覚障がいの方のお手伝いをして欲しいとのことです。「何かお手伝いしましょうか?」「信号は赤ですよ。」など声掛けだけでも違うそうです。

介護とは違う観点だからわかることや、感じること、考えさせられること、また共感できることやチャレンジできることも多く見つけられたのではないでしょうか。

第17回 たんぽぽの里敬老会

Posted on Leave a commentPosted in インフォメーション

今日は、たんぽぽの里の入所者様の敬老会祝賀会を執り行いました。
浜田市役所 市長代理 小川克己様より祝辞を頂きました。

記念品の贈呈

長寿の方のお礼の言葉

法人役員の鎌原様・・・
飛び入りでの手品披露に、皆さんの拍手や歓声が上がりました。

余談:敬老の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。
私達も敬愛され、敬われる人になれるような生き方をしていきたいものです。

おはぎづくり 食行事

Posted on Leave a commentPosted in インフォメーション

今日は、ショートステイのご利用者様と、おはぎづくりをしました。
もち米と米を合わせて炊いたご飯をついて、一口大に・・・

手馴れてます・・・手水を取りながら、丸めたご飯

「昔はよう作りよったけー」なんて言いながら、みんなで手を動かし、見ている方も楽しくなりました。

あんこと、きな粉と分けてます

出来上がり

職員もおいしくいただきました!!

敬老の日 祝い膳

Posted on Leave a commentPosted in インフォメーション

敬老の日の祝い膳を前に、皆さんとても晴れやかな表情です。
今日まで、たくさんのご苦労と、素晴らしい人生を歩んで来られた長寿のお祝いです。

祝い膳のメニューには、マツタケご飯も!!


紅白まんじゅうも、おやつに・・・ここでも笑顔がいっぱいです!!


これからも、たんぽぽの里は皆さんのご多幸をお祈りしております。

一足早く・・・敬老の日 おやつ

Posted on Leave a commentPosted in インフォメーション

今日は、ショートステイのご利用者様に一足早い敬老の日のおやつを提供させて頂きました。
例年、敬老会に合わせてプレゼントなどを用意しておりましたが、今年は趣向を変えて紅白まんじゅうを用意しました。


3時のおやつに、お茶と一緒に・・・


カメラを意識されて、ちょっと緊張気味です・・・

これからも、良い年を重ねて頂きたいと思います。

シングルペアレント事業

Posted on Leave a commentPosted in インフォメーション

たんぽぽの里では、浜田市定住促進のためのシングルペアレント介護人材育成事業における研修生受入事業所となっており、シングルペアレントに対して取り組んでいる自治体が日本で初めて浜田市で取り組まれているので、取材に来られました。

ニューヨークから来られた、スージーさん。ラジオの収録で、特養の米谷介護長がインタビューを受けました。